脳血管障害急性期の経口摂取開始基準

脳血管障害急性期の経口摂取開始基準

1.意識障害がJapan Coma Scaleで1桁である。

2.重篤な心肺合併症や消化器合併症がなく、全身状態が安定している。脱水・栄養障害については補正しておくことが望ましい。

3.脳血管障害の進行がない。

4.飲水試験(3mL)で嚥下反射を認める。

5.十分な咳(随意性または反射性)ができる。

6.著しい舌運動・咽頭運動の低下がない。

7.口腔内が清潔で湿潤している。