純粋失書の病巣と特徴

純粋失書の病巣と特徴

純粋失書を出現させる病巣として、①左中前頭回後部、②左上頭頂小葉、③左角回~後頭葉、④左側頭葉後下部、⑤左前頭葉内側面を報告しています。


障害部位別の特徴として、①では仮名の錯書に順序置換が特徴的で、②では筆順異常が顕著で写字でも障害があり、③では仮名優位の書字障害の報告もあるが一般には両者の障害が混在し、失書の内容は色々であり、④では漢字に優位の失書で無反応が多いとされており、⑤では漢字・仮名に差異はなく、誤り内容は漢字・仮名とも錯書が多いと報告されています。