心因性疼痛

心因性疼痛

痛みは経過が長いほど、精神的要素が強いほど、疲労やストレスが強いほど疼痛症状が悪化し、特に慢性の経過をとる神経因性疼痛は心因性疼痛と密接に関係します。
慢性疼痛患者はうつ病をはじめさまざまな精神医学的問題を有することが多いとされ、慢性疾痛もうつ病のcomorbidity(共存、併存する疾患)の一つとして考えられるようになりました。