低栄養へのアプローチ

低栄養へのアプローチ

成人の低栄養は、炎症反応の有無が重要な因子である。
病因によって、
①飢餓(炎症を伴わない)
②悪液質(軽度〜中程度の炎症を伴う)
③侵襲(中程度〜高度の炎症を伴う)
の3つに分類され、低栄養を体系的に診断しアプローチするよう提唱されている。

病態によって代謝は変動するため、栄養管理を理解するうえで、個々の病態の代謝を考えることが重要である。