WHO方式がん疼痛治療法 治療戦略

WHO方式がん疼痛治療法 治療戦略

WHO方式がん疼痛治療法では次のような治療戦略を立てています。

①チームアプローチによる、がん患者の痛みの診断とマネジメントの重要性

②詳細な問診診察画像診断などによる痛みの原因、部位、症状の十分な把握の必要性

③痛みの治療における患者の心理的、社会的およびスピリチュアルな側面への配慮と患者への説明の重要性

④症状や病態に応じた薬物または非薬物療法の選択

⑤段階的な治療目標の設定

⑥臨床薬理学に基づいた鎮痛薬の使用法