筋性疼痛

筋性疼痛

痛みを訴える筋群の触診で、筋組織の緊張(凝りや張り)が明らかで、マッサージなどで痛みが緩和するような場合、あるいは廃用が進行している四肢の痛みの場合も筋性疼痛(無動による痛み)に該当します。
筋緊張亢進による痛みでは、鎮痛薬のほかに、筋緊張をほぐすストレッチ運動(リハビリテーション)、マッサージ、温(冷)器法、NSAIDs系の貼付剤を用いて対応します。