障害半球別の失語症と利き手の関係

障害半球別の失語症と利き手の関係

利き手が右手であるとき、言語機能は左半球が重要な役割を担います。右利きである失語症の病変のほとんどが左側にあります。

利き手が左手または両手の場合(非右利き)は、右利きほど左半球の優位性は明らかではありません。 非右利きの失語症で、左側に病変があるのは60%程度です。

利き手が右手である失語症で、病変が右側にある場合は交叉性失語と呼ばれます。