側頭葉と失語症

側頭葉と失語症

感覚性失語症の責任病巣はウェルニッケ領野と言われています。
病巣が頭頂葉(角回や縁上回)へと拡がるとウェルニッケ失語はより重度となります。
領域は中大脳動脈の灌流域にあります。
ウェルニッケ領域は主として後側頭動脈の灌流域にあります。
頭頂葉の縁上回や角回を灌流するのは後頭頂動脈や角回動脈です。

頭頂葉症候群としての失書や失算、観念性失行、観念運動性失行などを伴うことがあります。

超皮質性感覚性失語はブローカ領域に限局した領域でも出現しますが、その責任病巣は主として、ウェルニッケ領野の周辺領域の側頭葉、頭頂葉後頭葉領域と言われています。その領域は、後方部の境界域梗塞により障害される部位でもありますが、塞栓症によることもあります。