パーキンソン病とMSW

パーキンソン病とMSW

パーキンソン病は、経過とともに病勢の進行に加齢変化も加わって、ADLは低下し介護の必要度は確実に増加します。

パーキンソン病の患者や家族は、常に病状の進行や今後の生活について漠然とした不安を抱えています。

医療ソーシャルワーカー(MSW)の介入を早期に開始し、面接や支援を通して不安の解消を図るようにします。

病期の進行に応じて、特定疾患、介護i保険、身体障害者手帳、障害年金などあらゆる社会資源を活用し援助することで、MSWは患者や家族の療養生活の設計、再調整を支援します。

核家族化・少子化のために、一人暮らしや配偶者以外の家族の介護支援が得られない老老介護の患者が増加しているのが現状です。

病初期から、患者のみならず家族のライフステージ、ライフスタイルを把握して、病期の進行や介護負担の増大に対する方向性を考える上での情報を収集しておくことが大切です。