パーキンソン病におけるリハのポイント

パーキンソン病におけるリハのポイント

パーキンソン病におけるリハのポイントは、ON時に、決して無理をせず、疲れない程度、強い痛みは生じない程度に、易しい運動から徐々に難しい運動へ、運動量は漸増して最終的には1回につき10~20分、1日に2~3回を継続できるように指導することです。

気楽に時間をかけて、集団で行ったり、遊びを取り入れたり、音楽に合わせて行ったりすると楽しく継続できます。

段階的な目標を設定して、達成感を感じて貰うような仕組みも取り入れるようにします。

家族が一緒に行い、運動の動作をチェックし、絶えず見守り励ますように指導することも有用です。