皮質脊髄路の構造

皮質脊髄路の構造

皮質脊髄路は層状の構造をしている。つまり、仙髄や腰髄まで到達する神経線維は皮質脊髄路の外側を下っていく。
頸髄を例にすると、下肢の筋肉をコントロールしている腰髄の前角細胞につながる神経線維は皮質脊髄路の外側を下行し、その内側には体幹の筋肉をコントロールする胸髄の前角細胞につながる神経線維が走行する。
さらにその内側には、上肢の筋肉をコントロールしている頸髄の前角細胞につながる神経線維が下行している。