皮質脊髄路

皮質脊髄路

錐体路のうち皮質脊髄路は、大脳皮質運動野から内包後脚、中脳の大脳脚、さらに橋を下っていき、延髄の腹側にある錐体に集まる。皮質脊髄路の神経線維の75~90%が延髄の下部で交叉して反対側に走り(錐体交叉)、脊髄白質内の外側皮質脊髄路となって、目的とする脊髄前角細胞につながる。

錐体で交叉しなかった神経線維は、同じ側にある脊髄白質の前皮質脊髄路を通って目的とする脊髄まで下行していき、左右の脊髄白質を連絡している白交連を通って反対側の脊髄前角細胞に接続する。
皮質脊髄路の神経線維は、延髄の錐体交叉、または脊髄白質の白交連ですべて交叉して、反対側の前角細胞につながる。
脳梗塞や脳出血などの脳の病気により、錐体で交叉する前で錐体路が障害された場合は、病変側とは反対側の手足が麻痺するが、錐体交叉の後で障害された場合は、病変側と同じ側の手足の麻痺を認める。