挿管し人工呼吸器を装着している患者へのリハビリテーションの障壁

挿管し人工呼吸器を装着している患者へのリハビリテーションの障壁

挿管し人工呼吸器を装着している患者へのリハビリテーションを行うことの必要性は広がっているが、まだどの施設でも実施できるということではないのが現象である。
障壁としては、治療計画の中での離床の風土(鎮静レベル調整、人工呼吸器設定による自発呼吸の使用、早期のリハビリテーション処方)、人的背景(理学療法士や病棟スタッフ数、専門的知識や経験不足)、機器の準備(歩行器、リクライニング車いす、重錘、足置き台、移動可能なモニターや人工呼吸器)などが挙げられる。