くも膜下出血 雷鳴頭痛

くも膜下出血 雷鳴頭痛

「これまで経験したことのない突然の激しい頭痛」と表現される雷鳴頭痛を呈することが多く、CTで確認できなくてもMRIのFLAIRや腰椎穿刺の評価で診断可能なこともあるため、強く疑う場合はこれらを施行します。
歩行可能な軽症例もしぼしばあり、これを見落とすと予後悪化につながるため注意が必要です。

くも膜下出血を認めた場合、可能な限り救急でCT angiographyを施行して脳動脈瘤の確認を行います。
重症度の評価はHunt and Hess分類で行い、初療の目標は再出血予防となります。