一次陰性運動野

一次陰性運動野

一次陰性運動野は、顔面の一次運動野とブローカ領域の間に存在し、運動前野まで広がるミラーニューロンの分布と同様であり、言語獲得に重要な役割を持っていると考えられている。
電気刺激を行うと運動が開始できなくなるが、傷害されても運動麻痺を生じることはない。