スパイロメトリー測定結果の評価

スパイロメトリー測定結果の評価

肺活量が予測式の値と比べ80%以下である時、拘束性換気障害と判定されます。
肺活量が低下する疾患としては、特発性肺線維症をはじめとする問質性肺炎、ALSなどの神経筋疾患、肺結核後遺症、先天性や胸部術後などによる胸郭異常、高度の肥満などがあげられます。

1秒率70%以下の場合が、閉塞性換気障害です。COPDや気管支喘息でみられる障害です。

拘束性障害と閉塞性障害を共に呈する場合を、混合性換気障害と呼びます。慢性気管支拡張
症や重症COPDなどで認められます。

簡易型ピークフローメーターを用いたピークフロー値モニタリングは、気管支喘息管理のために広く普及しています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法