体位ドレナージ

体位ドレナージ

体位ドレナージとは、気道分泌物が貯留した末梢の肺領域が上側、中枢気道が下側となるような体位をとり、一定の時間その体位を保持し、重力を利用して貯留分泌物を末梢から中枢の肺領域へと誘導および排出することである。
排痰体位には、仰臥位、前傾側臥位、後傾側臥位、側臥位、腹臥位の5つの体位がある。リスク等を考慮する上で「修正した排痰体位」がよく用いられています。