突発性難聴: 診断基準(案)

突発性難聴: 診断基準(案) (厚生労働省特定疾患急性高度難聴調査研究班,2012年)

主症状
1.突然発症
2.高度感音難聴
3.原因不明


参考事項
1.難聴(参考: 隣り合う3周波数で各30dB 以上の難聴 が72時間以内に生じた)
⑴文字通り即時的な難聴,または朝,目が覚めて気づ くような難聴が多いが,数日をかけて悪化する例も ある.
⑵難聴の改善・悪化の繰り返しはない ⑶一側性の場合が多いが,両側性に同時罹患する例も ある

2.耳鳴
難聴の発生と前後して耳鳴を生ずることがある.

3.めまい,および吐気・嘔吐 難聴の発生と前後してめまい,および吐気・嘔吐を伴 うことがあるが,めまい発作を繰り返すことはない.

4.第8脳神経以外に顕著な神経症状を伴うことはない 診断の基準: 主症状を全事項をみたすもの