早期離床を回避して、離床のタイミングを個別に検討するべき病型・病態・病巣

早期離床を回避して、離床のタイミングを個別に検討するべき病型・病態・病巣

1)脳出血 入院後の血腫の増大例、水頭症の出現、降圧薬でのコントロールが困難な血圧上昇例、脳幹部出血例

2)脳梗塞 内頸動脈閉塞あるいは狭窄例、脳底動脈血栓症、解離性脳動脈瘤、出血性梗塞

3)くも膜下出血

4)意識レベル・バイタルサインの増悪例

5)低酸素血症・DICなどを伴う重症感染症例

6)下肢深部静脈血栓症例

(原寛美.脳卒中急性期における訓練の内容と開始時期:全身管理の要点.MB Med Reha.1,2001,10より引用・改変)