末梢神経レベルの障害

末梢神経レベルの障害

脊髄に入る前の段階での神経障害である。

○単ニューロパチー
脊椎の椎間孔の狭窄や靭帯の圧迫、または外傷などにより障害された神経の支配領域に一致した全感覚障害である。

○多発ニューロパチー
糖尿病などの全身性疾患、とくに代謝性疾患によって末梢神経が障害されるために起こる。四肢の末梢にいくほど強い全感覚障害を認め、手袋靴下型(glove and stocking型)と言われる。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法