うちわ歩行(toe-in gait)

うちわ歩行(toe-in gait)

うちわ歩行とは、歩行時に足部が内側を向く歩行のことを言います。足部・足関節疾患では、先天性内反足の内転遺残変形、下腿内捻などで生じます。うちわ歩行の治療は、原疾患の変形を矯正することが必要です。