嚥下障害の栄養管理の目的

嚥下障害の栄養管理の目的

嚥下障害の栄養管理の目的は、①誤嚥予防、②低栄養予防、③脱水予防です。
栄養摂取方法として、通常形態の食品の経口摂取が困難であることが多く、嚥下障害食形態や経管栄養剤の知識を必要とします。
誤嚥性肺炎発症例ではベースに低栄養があることが多く、栄養改善が治療効果として果たす意義は大きいといわれています。
栄養改善には、経管栄養の適切な利用も重要な要素となります。
経管栄養は普及していますが、利用者のQOLを高める手段になっているかどうか、栄養療法として十分であるかどうかを検討する必要があります。