変形性足関節症 歩行

変形性足関節症 歩行

変形性足関節症の歩行時には、もともとの足関節ROM制限があるため、歩行時に足関節底屈内反、内転の角度変化が小さくなります。
診察室において三次元動態解析装置などの器械を用いずに観察するのは難しいです。
患側下肢の立脚期が短くなる疼痛性歩行を示します。