陳旧性足関節外側靱帯損傷 歩行

陳旧性足関節外側靱帯損傷 歩行

陳旧性足関節外側靱帯損傷では遊脚期終期に足関節が内反、内旋することを報告されています。
通常であれば、遊脚期後半では足関節は軽度外反して踵接地直前には内・外反中間位となって、踵接地に備えています。そして、踵接地時には約10°外反します。
陳旧性足関節外側靱帯損傷では、靱帯断裂による足関節不安定性により踵接地前の足関節内反が大きく、踵接地後、その反動で外反が大きくなります。後方から歩行状態を観察すると踵接地時にみることができます。