外反母趾 歩行

外反母趾 歩行

外反母趾では歩行速度が遅く、ストライド長(stride length)が短くなります。また、前足部内側での荷重が減少して足部外側で荷重する傾向になります。母趾・中足趾節間関節での母趾可動域(ROM)が減少し、足関節ROMも減少します。このことは、立脚後期から遊脚期における母趾によるプッシュオフの働きがなくなっていることを示しています。