観念性失行

観念性失行

物品を必要としない単純な動作の口頭命令や模倣には障害は認められないが、複数の物品を用いる系列行為が障害されます。
Liepmannの記述した症例では、マッチとロウソクを使ってロウソクに火をつけるという動作を、順を追って正しく行うことができませんでした。
症状は左右で認められ、患者は日常生活でこの障害を自覚します。
責任病巣は左側(優位側)の角回です。
観念運動性失行の病巣と近接しており、観念性失行のほとんどの症例で観念運動性失行を合併しています。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法