リツキサンによる治療について

リツキサンによる治療について

リツキサンによる治療は、点滴による静脈注射により行う。
患者の体表面積から1回あたりの治療に必要な量を計算し、1週間間隔で4回点滴する。
腕や手の静脈に注射針を刺して点滴を行う。
初めて点滴する日(1日目)は、2~8時間ほどかかる。
場合によっては、1日かかることもある。
他の治療法と組み合わせて治療することもあり、この場合、投与の間隔が1週間より長くなることがある。