ANCA関連血管炎 全身型 臓器限局型

ANCA関連血管炎 全身型 臓器限局型

ANCA関連血管炎は、全身の臓器に血管炎を発症する「全身型」と、腎臓にのみ血管炎を発症する「臓器限局型」に分類される。

「全身型」には顕微鏡的多発血管炎、ウェゲナー肉芽腫症、アレルギー性肉芽腫性血管炎がある。

日本人で多いのは顕微鏡的多発血管炎である。

なお、ウェゲナー肉芽腫症は現在「多発血管炎性肉芽腫症」に、アレルギー性肉芽腫性血管炎は現在「好酸球性多発血管炎性肉芽腫症」と改名されている。