ニコチン置換(代替)療法

ニコチン置換(代替)療法

禁煙と同時に使用を開始し、ニコチン製剤を使用したら喫煙しないよう注意します。

ニコチンガムを使用する場合は、ガムをゆっくり噛む、頬と歯茎の間にしばらく置くなどの噛み方や、口腔粘膜からニコチンが吸収されることを指導することが必要です。

口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が妨げられるので、コーヒー、ジュース、炭酸飲料などはガムを使用する15分前くらいから噛んでいる最中は避けるように指導します。

2~3ヵ月でニコチンガムを中止できた後も、常に1個のガムを携帯しておくと安心感につながる利点があります。

ニコチンパッチには高用量、中用量、低用量の3製剤がある。用量の大きいパッチから開始する。

一般に高用量を4週間使用して、次に中用量を2週間、低用量を2週間と漸減していく。

再発しても繰り返し禁煙に挑戦するよう患者を励ますとともに、医師もあきらめないことが肝要です。

ニコチンガムの噛み方は下記を参考にして下さい。
http://www.nicorette-j.com/product/gum_use.html
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法