けいれん発作の対応

けいれん発作の対応

1.けいれん発作に対する基本処置
・安全の確保
・呼吸管理
・バイタルサインの確認
・発作症状の観察
運動症状:強直性発作、間代性発作、ミオクローヌス、自動症、運動停止など意識障害の有無
(けいれん重積への移行の予防)

2.発作後の対応
・意識障害の回復の確認
・神経症状(麻痺,失語)の観察
・前兆(知覚症状)
・部分発作の有無の確認

3.緊急対応が必要な場合
・けいれん重積(ジアゼパム・フェニトイン・ミダゾラム投与、人工呼吸管理)
・神経症状の進行性悪化(緊急画像検査、臨床検査、外科的対応)
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法