重症心身障害

重症心身障害

・重症心身障害とは、脳性麻痺などの脳障害が原因となり、重度の身体障害および重度の知的障害が重複している状態で、大島の分類の区分14に該当します。

大島の分類

・脳障害の発生時期は受胎から18歳までと規定されています。

・重症心身障害児(者)においては、全身いたるところに合併症がみられやすいと言われています。

・呼吸器疾患は最も多い合併症で、肺炎が大半を占めています。

・神経疾患ではてんかんが多く、消化器疾患ではイレウスや胃食道逆流症が主体です。

・全身性疾患ではインフルエンザ・水痘などの感染症が多い。

・泌尿器疾患では尿路結石や尿路感染症が多い。





当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法