COPD 動脈血ガス分析

COPD 動脈血ガス分析

安静時室内気吸入でPaO2が60Torr以下は呼吸不全と診断され、PaCO2が45Torr以上の場合は二酸化炭素の蓄積ありと判断されます。

パルスオキシメータによるSpO2測定は連続的でかつ非侵襲的ですが、留意点を十分に理解しておくことが必要です。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法