アンダーソン改定基準 (土肥による)

アンダーソン改定基準 (土肥による)

Ⅰ運動を行わないほうがよい場合
 ・安静時脈拍数120/分以上
 ・拡張期血圧120mmHg以上
  ・収縮期血圧200mmHg以上
 ・労作狭心症を現在有するもの
  ・新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの
 ・うっ血性心不全の所見の明らかなもの
  ・心房細動以外の著しい不整脈
 ・運動前、安静時にすでに動悸、息切れのあるもの

Ⅱ途中で運動を中止する場合
 ・中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などの出現
 ・脈狛数が140/台を超えたとき
 ・不整脈(期外収縮〉が1分間10回以上出現
 ・頻脈性不整脈
 ・徐脈の出現
 ・収縮期血圧40mmHg以上 または拡張期血圧が20mmHg以上上昇したとき

Ⅲ運動を一時中止し、回復を待って再開する場合
 ・脈拍数が運動前の30%以上増加したとき。ただし2分間の安静で10%以下にもどらぬ場合は中止するか、極めて軽労作のものにきりかえる
 ・脈拍数が120/分を越えたとき
 ・1分閲に10回以下の不整脈(期外収縮)出現
 ・軽い動悸、息切れの出現
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法