COPDの病期分類

COPDの病期分類

0期:COPDリスク群
スパイロメトリーは正常
慢性症状(咳嗽、喀痰)

I期:軽症COPD (Mild COPD)
FEV1/FVC<70%
FEV1≧80%predicted
慢性症状(咳嗽、喀痰)の有無を問
わない

II期:中等症COPD(Moderate COPD)
FEV1/FVC<70%
50%≦FEV1<80%predicted
慢性症状(咳嗽、喀痰)の有無を問わない

III期:重症COPD (Severe COPD)
FEV1/FVC<70%
30%≦FEV1<50%predicted
慢性症状(咳嗽、喀痰)の有無を問わない

IV期:最重症COPD(Very Severe COPD)
FEV1/FVC<70%
FEV1<30%predicted
あるいはFEV1<50%predicted 
かつ慢性呼吸不全あるいは右心不全合併

※FEV1値は原則として気管支拡張薬投与後の値を用います。

COPDにおける病期分類は気流制限の程度を表す1秒量(FEV1)で行い、重症度を反映します。
中等症以上では重症度を適切に反映しないため、FEV1/FVC値を用いません。
病期分類には気管支拡張薬投与後のFEV1を用います。
病期分類は0期:リスク群、I 期:軽症(FEV1≧80%predicted)、II期:中等症(50%≦FEV1<80%predicted)、III期:重症(30%≦FEV1<50%predicted)、IV期:最重症(FEV1<30%predictedあるいはFEV1<50%predictedで慢性呼吸不全あるいは右心不全合併)としています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法