アトピー性皮膚炎 重症度のめやす

アトピー性皮膚炎 重症度のめやす

軽症 : 面積にかかわらず、軽度の皮疹のみみられる。
中等症 : 強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%未満にみられる。
重症 : 強い炎症を伴う皮疹が体表面積の10%以上、30%未満にみられる。
最重症 : 強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上にみられる。

アトピー性皮膚炎の治療は症状の程度に応じて適切に選択することが大切です。そのためには、症状の程度(重症度)の的確な評価が必要です。重症度の評価基準にはいくつかの方法が提唱されているが日常診療での使用には多少繁雑な場合もあり、厚生労働科学研究による治療ガイドラインではより簡便な「重症度のめやす」を用いています。
この基準では重症度を皮疹の性状および炎症の強さと皮疹の占める面積を総合的にみて、軽症、中等症、重症、最重症の4段階で評価することとしています。ちなみに軽症はステロイド外用薬など積極的な抗炎症療法を必要としない程度の症状であり、最重症は原則として入院治療を必要とする程度の症状をいいます。

http://www.jaanet.org/pdf/guideline_skin03.pdfより参照
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法