ペーシング障害 症状

ペーシング障害 症状

ある目的動作を遂行する際にその状況に合わせて臨機応変にスピードを調節し、動作に流れを持たせることが上手くできない症状を行為のペーシング障害と言います。
右半球症候群として位置づけられています。
ペーシング障害の代表的な臨床症状としては、動作がせっかち、粗雑、不用意、不注意などという形で目にすることが多いです。
脳の責任部位に関しては、いまだ確定的ではありません。
注意障害とペーシング障害は共通する基盤が推測されると言われています。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法