空間認知障害

空間認知障害

定義:対象の空間における位置、ないしは複数の対象物の空間における位置関係の視覚性認知障害。

空間知覚障害
・変形視(大視、小視)
・刺激定位の障害(距離の判断の障害、奥行き知覚の障害)
・線分の定位の障害
・立体視障害(遠近)障害

視空間認知障害
・半側空間無視 
・Ballint症候群
・身体認知障害
・地誌的障害
・構成障害
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法