看護業務の定義

看護業務の定義

看護業務とは地区の看護の必要性をみたすところの総合的な保健組織の一部である。
看護業務の主なる目的は、疾病予防と健康増進に必要なナーシング・ケアーであり、患者の要求するナーシング・ケアーとは、患者の精神的、肉体的慰安や患者を苦しめているその原因に関心をもつこと等である。看護は患者の総合的ケアーの一部にすぎない。看護活動は医師や医療社会事業家その他の働く人と協調をしなければならない。ある場合看護師は、時には通常他の者によってなされる仕事をしなければならないときがある。又ある時は看護師の仕事のある部分を、より軽度の教育をうけた他の看護要員にわたさなければならないときもある。更に補助者が看護師の行うべきことをしなければならないこともある。すべてこれらの場合患者を中心として患者の必要性と事業のなしうる限界の範囲において看護の機能の委任と遂行が決定される。