看護管理者の階層

看護管理者の階層

看護管理者には、上級管理者、中間管理者、第一線監督者の3つの階層がある。
それぞれの階層には、当該組織によって定められた職位名があるが、看護サービス提供組織は、第一線でサービスを提供する者への権限委譲が必要とされるため、階層制を少なくし、分権化することが求められる。
そのため、中間管理職、第一線監督者等を統合した階層の少ない組織の構築も行われるようになっている。