看護管理者の機能

看護管理者の機能

看護管理者の機能は、看護職のもつ能力が有効に発揮され、直接の業務が円滑に遂行され、24時間最良の看護が提供されるよう、組織の系統、権限及び責任を明らかにし、人事・設備・備品・労務環境を整えることである。
「看護管理」を専門とした職務を担う者が看護管理者と称されるため、看護管理は管理者の職位にある者の仕事であるという認識があるが、看護管理の視点は、管理者に限定せず、また一般スタッフやスペシャリスト等の職種を問わず、あらゆる看護職に必要なものである。
近年、対象者のQOL向上及び経営管理の視点から、効果性の高い看護管理、チーム医療の推進等が求められるようになったことに伴い、看護の質向上に寄与する看護管理の視点はますます重要になっている。

看護管理者に求められる能力は以下の3つである。

専門的能力:当該組織の目的達成のために必要な実践上の知識と技術(管理レベルが上昇するにつれ必要度が低くなる)

対人的能力:他人と協調して効果的に仕事ができチームワークをとる能力。
(どの管理レベルにも必須な能力)

概念化能力:物事の関係性を幅広く考え長期的計画を立てる能力)管理レベルが上昇するにつれ求められるレベルが高まる)