注意の特性

注意の特性

注意の特性に関しては、注意の持続性(sustainedattention)、注意の選択性(selectiveattention)、注意の転動性(alternatingattention)、注意の分配性(dividedattention)の4種類に分類されます。

注意の持続性とは、行動を持続して行う、または繰り返して行われる一定の反応行動を持続させる機能です。
注意の選択性とは、妨害的な刺激を抑制しながら、目標を選択する機能のことです。
注意の転動性とは、異なった行動を交互に行う際に、目標への注意をシフトさせる機能です。
注意の分配性とは、同時に2つ以上の行動に注意を向ける機能です。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法