口腔・鼻腔吸引の適応の観察ポイント

口腔・鼻腔吸引の適応の観察ポイント


・視診口腔内や人工気道(気管チューブ)内に分泌物が確認できる。

・努力呼吸がある(呼吸数増加、浅速呼吸、陥没呼吸、呼気延長など)。

・触診胸部に振動が感じられる。

・聴診気管~左右気管支にかけて、副雑音が聴取できる。

・モニター酸素飽和度の低下。

・血液ガスでの低酸素血症の確認。

・その他意識障害、麻痺など咳嗽力への影響要因の有無。

・口腔内の乾燥状態。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法