徒手的な肺理学療法

徒手的な肺理学療法

体位ドレナージに加えて、分泌物貯留部位に相当する胸壁上に徒手的に軽打や振動、圧迫を加えることで、末梢から中枢気道へのより有効な分泌物の移動が期待できます。振動法・揺すり法は胸壁上に加えた刺激を気道壁に伝達させることによって分泌物を振るい落とします。スクイージングは呼吸に同調させて圧迫することによりエアーエントリーを改善させます。胸郭圧迫による呼気介助は、咳の呼気時にタイミングを合わせて、介助者が両手で胸郭を内下方に圧迫する方法です。救急蘇生用の人工呼吸バッグでの加圧を併用すると、効果が高とされています。この時にピークフローメーターを用いて測定した咳流量が最大咳流量(CPF)となります。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法