カフアシスト 咳介助

カフアシスト 咳介助

カフアシストは器械的な咳介助(Mechanically assisted coughingMAC)を行う器械です。
Mechanically InExsufflatorMIE)とも呼ばれ、咳の介助を行う目的で開発されました。
操作方法は口にあてたマスク、あるいは気管切開カニューレに接続したマウントカニューレを通して陽圧(3040cmH0)をかけ吸気を補助した後、瞬時に陰圧(一30~一40cmH0)に切り替わることで早い呼気を作り出します。
陽陰圧の圧/時間設定、休止時間の設定などが自由に行え、吸気が不十分な患者にも、呼気(咳き込み)が弱い患者にも、その両方に問題がある患者にも対応することができます。
合併症の心配はほとんどないが、気道内圧が一時的に上昇するため、肺気腫、気胸やブラを有する場合は原則禁忌となっています。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法