痙縮 概念

痙縮 概念

痙縮は、脳卒中・頭部外傷・脊髄損傷・脳性麻痺などのさまざまな中枢神経障害によって生じる上位運動ニューロン症候群のひとつと定義されており、腱反射亢進を伴った相動性伸張反射(phasic strech reflex)の速度依存性増加を特徴とする運動障害で、筋緊張・クローヌス・深部腱反射亢進・痙性ジストニア・病的共同運動に伴う異常肢位を含めた概念である。軽症の場合は運動麻痺を補い立位保持などの機能に必要な場合もあるが、重度の場合は残存している随意運動を阻害し日常生活活動の低下、歩行障害などの能力障害が生じることから、そのマネジメントは重要となる。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法