右半球損傷患者 特徴

右半球損傷患者 特徴

• 話し手の気持ちや意図を推測できない。
• 遠まわしな言い方では理解できない。
• 場にふさわしくない行動・言動をとる。
• 自己中心的で一方的な行動・発言をする。
• 深刻みが足りず、どこか人事で真剣みが感じられない。
• せっかちでせわしなく、落ち着きがない。
• 言語機能は良好で、きちんと説明することができる。
• ことばと行動が食い違う。
• よくしゃべるが何を言っているかわかりにくい。
• 病識が不十分。

• 表情が少なく、笑顔が自然でない。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法