嚥下障害 調理の工夫 魚類

嚥下障害 調理の工夫 魚類

障害が軽度であれば、小骨の少ない魚、はんぺんが適当です。
脂肪や水分の多い魚が加熱しても固くなりづらいです。
蒸し魚・焼き魚・煮魚にしてほぐしたり、フードカッターを使います。
身の柔らかい魚はそのまま食べられます。

中等度以上の障害があれば、蒸し魚・焼き魚・煮魚に調理した魚をミキサーにかけます。
油の無い魚は、サラダ油やしそオイル、時にはマヨネーズを加えます。
だし汁やスープに対しては、トロミ剤をいれるなどの工夫が必要です。
魚類に限らず、離水せず、やわらかく、まとまりやすい形態がベストです。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法