右半球症状 運動速度の調節の障害

右半球症状 運動速度の調節の障害

同じ姿勢を続けられない、じっとしていられない(運動維持困難)。
ゆっくり行動できない、速度が速くなってしまう(ペーシング障害)。
これらの障害があると、生活場面で、動作性急、衝動的、せっかち、じっとしていられない、などを示す。

注意障害との関連性が高いとされている。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法