低栄養状態のリスクの判断基準


低栄養状態のリスクの判断基準

全ての項目が低リスクに該当する場合には、「低リスク」と判断し、高リスクに一つでも該当する項目があれば「高リスク」と判断します。それ以外の場合は「中リスク」と判断します。また、個人の状態等に応じて判断し「高リスク」と判断される場合もあります。
食事摂取量については通常の食事摂取量を基準としてどのくらい食べたかを評価します。

リスク分類
低リスク
中リスク
高リスク
BMI
18.5~29.9 kg/m2
18.5 kg/m2 未満
体重減少率
変化なし
(減少3%未満)
1 ヶ月に35%未満
3 ヶ月に3~7.5%未満
6 ヶ月に3~10%未満
1 ヶ月に5%以上
3 ヶ月に7.5%以上
6 ヶ月に10%以上
血清アルビミン値
3.6g/dl 以上
3.0~3.5g/dl
3.0g/dl 未満
食事摂取量
良好(76%~100%)
不良(75%以下)
栄養補給法
経腸栄養法
静脈栄養法
褥瘡
褥瘡

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法