メッツ METs エネルギー消費量

メッツ METs エネルギー消費量

エネルギー消費量の目安は、メッツ(metabolic equivalents;METs)を参考にします。
メッツは運動時の酸素消費量を、安静座位時の酸素消費量(3.5mL/kg/min)で割った数値で、運動の強さの指標となります。
メッツから、身体活動のエネルギー消費量は次の式で計算できます。 エネルギー消費量(kcal)=1.05 ×体重(kg)×メッツ×運動時間(h)
訓練によるエネルギー消費量は、運動の強さと時間で大きく異なります。 リハ栄養管理の際には、このエネルギー消費量を考慮しなければいけまんせ。 とくに 2-3 時間程度の訓練を毎日行う場合には、エネルギー摂取量の追加が必要とります。

身体活動のメッツ

メッツ 身体活動
1.0 静かに座る
1.2 静かに立つ
1.3 本や新聞などを読む(座位)
1.5 座位での会話・食事、タイピング、入浴(座位)、編み物・手芸、車の運転、軽いオフィスワーク
1.8 立位での会話
2.0 更衣、整容、シャワー(立位)、歩行(平地、54m/min 未満)、料理(座位、立位)、洗濯
2.3 皿洗い(立位)、洗濯物の片付け、立ち仕事
2.5 歩行(平地、54m/min)、掃除、ストレッチング
3.0 歩行(平地、67m/min)、階段下り、屋内掃除、レジスタンストレーニング(軽・中等度)

訓練によるエネルギー消費量の例

体重 50kg の患者が座位での食事や会話など 1.5 メッツ程度の訓練を 1 時間行う場合 1.05 × 50kg × 1.5 メッツ× 1 時間= 79kcal
体重 50kg の患者が階段下り、屋内掃除など 3 メッツ程度の訓練を 3 時間行う場合 1.05 × 50kg × 3 メッツ× 3 時間= 473kcal

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法